健康経営事例3 株式会社マジックハンズ(東京都墨田区)の取り組み

こんにちは!健康経営事例.com 管理人の竹田大介です。

本日は、東京都墨田区の株式会社マジックハンズ様の健康経営取組事例をご紹介致します。

取材日:令和元年11月22日(金)

インタビュアー:竹田大介

企業プロフィール

会社名:株式会社マジックハンズ

代表者:代表取締役 上原健志

設立:平成20年1月

従業員数:役員1名、監査役1名、従業員11名

業務内容:セラピストのための講座・セミナー運営、各種物販、企業研修、セラピスト養成・育成事業、リラクゼーションサロン運営、セラピストサポート事業

オウンドメディア

情熱的美容系チャンネル「Fann Channel」出演時動画

お話し頂いた方:代表取締役 上原健志様

健康経営の取り組み

 株式会社マジックハンズ様は、柔道整復師である上原健志社長の他、国際ライセンス所持のリラクゼーションセラピストが多数在籍し、セラピスト養成スクール(マジックハンズ・セラピストアカデミー)、現役セラピストのためのスクール(u-balからだ塾)、リラクゼーションサロン(リンパの女神)を運営しており、企業やスポーツチームにセラピストを派遣して施術を行うなど、お客様の身体の健康を増進するサービスを行っておられます。

 そこで、セラピストの技術の向上と従業員の健康増進を兼ねて、セラピスト同士で施術を行い合ったり、箱根のサロン「リンパの女神リゾート 箱根甲子園店」のセラピストが錦糸町の本社に来て従業員に施術を行ったりといった活動をされているそうです。

 セラピストによってそれぞれ違った技術(治療、リンパマッサージ、オイルマッサージ、ホットストーン等)を持っているため、セラピスト同士で施術を受けあうことで、お互いの健康を増進させながら技術の幅を広げることが出来るとの事!

 来月からは、残業の多い本社スタッフの業務効率化を図り残業を削減するため、早番・遅番の当番制を導入するとのこと。

 今後は、社内にいる睡眠の専門家の知識を活かし、ウェアラブル端末を利用して従業員の睡眠時間・睡眠の質を管理し課題を見つけ改善に導くことも検討中。

 また、自社に専門家がいない分野は外部の専門家に依頼し、従業員向け健康研修会の実施も検討しているそうです。

 上原社長は、「セラピストを世の中から敬われる、若い人が目指す、お嫁に貰ったら親が喜ぶ仕事にしたい!」と熱く語っておられました。

 身体の疲れを癒したい方は、人間の体に関する知識をしっかり修得した有資格セラピストが多数在籍する「リンパの女神」(錦糸町・箱根)で、質の高い施術を受けてみてください!

 また、これからセラピストを目指す方は「マジックハンズ・セラピストアカデミー」、現役セラピストで自身の知識・技術を向上するための講座を受講したい方は「u-balからだ塾」で学んでみてください!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です