健康経営事例5 みながわクリニック(東京都江戸川区)の取り組み

こんにちは!健康経営事例.com 管理人の竹田大介です。

本日は、東京都江戸川区のみながわクリニック様の健康経営取組事例をご紹介致します。

取材日:令和元年12月3日(火)

インタビュアー:竹田大介

法人プロフィール

法人名:医療法人社団 一翠会 みながわクリニック

代表者:院長 皆川一孝

設立:平成16年2月

従業員数:役員2名 正規職員6名 パート職員4名

診療内容:内科・消化器内科・小児科・皮膚科

オウンドメディア

お話し頂いた方:院長 皆川一孝様

健康経営の取り組み

 みながわクリニック様は、東京都江戸川区西小岩の地に平成16年2月に開業以来、クリニックでの診療だけにとどまらず、近隣の幼稚園・小学校での園医・校医やプロ格闘技興業のリングドクターなど、幅広い方々の健康・安全を守っておられます。

 また、患者さんだけでなく地域住民の運動の機会を増やし健康を促進するため、平成30年にはフィットネススタジオ「STUDIO SYNC」をオープンし、空手やキックボクシングのクラスを開講されています。

 なかでも空手の「正道会館本多道場城東教室」は、院長のご長男で正道会館空手全日本チャンピオンにも輝いた現役医師の皆川暁信指導員が指導にあたり、一般成人の護身や身体鍛錬、地域の子供たちの身体能力向上や礼儀・礼節を含めた武道教育と、幅広い地域住民の健康促進に役立っています。

 不定期ではありますが、同スタジオにて当メディア運営の株式会社肉体改造研究所による高齢患者様向けロコモ体操教室地域住民のフィットネスグループレッスンも開催させて頂いております。

 健康経営の取り組みとしては、従業員の健康診断は毎年必ず行ったうえで、患者さんに行なうのと同様、指導が必要な従業員には院長が個別指導を行い、健康を守っているとのこと。

 健診結果だけでなく、院内に設置している最新の体成分分析装置「InBody」の測定結果から、筋肉量・体脂肪量等の数値を測定し、こちらの結果も患者さん同様従業員のメタボリックシンドローム予防・改善のために活用されているそうです。

 また、STUDIO SYNCで開催した株式会社肉体改造研究所によるフィットネスレッスンには、福利厚生として参加希望の従業員の参加を許可し、参加した従業員からは「身体を動かし運動不足が解消できてよかった」「正しい身体の動かし方を学べた」と好評だったようです。

 このような取り組みの結果、開業から15年たった今もほとんどの従業員が入れ替わらず勤務を続けておられるそうです。

 皆川院長は、「患者さんだけでなく、地域のお年寄りの健康寿命の延伸、子供たちの身体能力向上と健全な成長といった地域住民の健康促進に貢献したい」とお話し頂きました。

 小岩近辺にお住まいの皆さんはぜひ、みながわクリニック様がご提供されている医療やフィットネスといった取り組みにご参加頂き、健康を促進して頂ければと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です