健康経営事例8 インテンザフィットネスジャパン株式会社(東京都千代田区)の取り組み

こんにちは!健康経営事例.com 管理人の竹田大介です。

本日は、東京都千代田区のインテンザフィットネスジャパン株式会社様の健康経営取組事例をご紹介致します。

取材日:令和元年12月18日(水)

インタビュアー:竹田大介

企業プロフィール

企業名:インテンザフィットネスジャパン株式会社

代表者: 代表取締役 張 書爕(チョウ ショショウ)

設立: 平成29年10月

従業員数:役員1名、従業員9名

業務内容:フィットネスマシンの販売

URL:http://www.intenzafitness.co.jp/

お話し頂いた方:

新規事業開発部部長 長野 卓様

セールスマネジャー 持丸 季子様

マーコムスペシャリスト 西尾 明子様

健康経営の取り組み

インテンザフィットネスジャパン株式会社様は、台湾のIntenza Fitnessが母体の日本法人で、同社のフィットネスマシンを日本国内で販売しておられる企業です。

有酸素運動のマシンを専門とし、特にインテンザ 550シリーズ エスカレート・ステアクライマーという階段を登るようなマシンでは、他社にはない傾斜角度調整機能が付いており、他の有酸素運動のマシンより強度を高く調整できるため、短時間で多くのエネルギーを消費することが可能です。

 有酸素運動のマシンを専門とし、特にインテンザ 550シリーズ ステアクライマーという階段を登るようなマシンでは、他社にはない傾斜角度調整機能が付いており、他の有酸素運動のマシンより強度を高く調整できるため、短時間で多くのエネルギーを消費することが可能です。

 インテンザフィットネス様はまだ日本に上陸して間もない企業ですが、従業員の健康促進にも積極的に取り組まれています。

 フィットネスマシンメーカーならではの取り組みとして、社内ショールームに展示してあるマシンを従業員は自由に利用することができ、自社商品の特徴や使い心地を確かめながら毎日有酸素運動を実施できるとのこと。

 

つい先日神田から緑の多い皇居の目の前の立地の三番町にオフィスを移転されたそうで、皇居の緑やお濠がすぐ見えることで心落ち着く環境と広々としたスペースで仕事ができると従業員のみなさんからも好評のようです。

 せっかく皇居の近くに移転したため、今後は従業員の希望者で皇居ラン等のアクティビティを検討されているそうです。

「インテンザのE.X.Tエクササイズ・プログラムで、短時間で効果的な運動を。」

 E.X.Tエクササイズ・プログラムとは、インテンザ 550シリーズ エスカレート・ステアクライマーを使用し、全身のワークアウトをするプログラムで、参加者のフィットネス・レベルや運動をしたい長さに応じて、内容を調整することができるプログラムです。

 複数の筋肉グループに刺激を与えることが可能で、消費カロリーはトレッドミル (ランニング・マシーン)のおよそ1.5倍。筋力、持久力、ダイエット、リハビリ、どんな目的でも効果を得ることができる、新しいワークアウトのスタイルです。

 今後、当メディア運営の株式会社肉体改造研究所インテンザフィットネス様では、より多くの方に「健康」を学んで頂くため、株式会社肉体改造研究所の「社員向け健康セミナー」や「オフィスフィットネス」とインテンザフィットネス様の「E.X.Tエクササイズ・プログラム」をあわせてご参加いただけるようなイベントの企画を進めております。

 フィットネス初心者の方からジムに毎日通っているベテランの方まで、お楽しみいただける内容を計画して参りますので、ご案内をお楽しみに!

Follow me!

“健康経営事例8 インテンザフィットネスジャパン株式会社(東京都千代田区)の取り組み” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です